マンションの給排水設備の老朽化が原因でおこる水漏れについて

水漏れによる水濡れのご相談をお客様からよく頂きます

ご相談の中でも特に多いのは、マンション・団地の築年数の経過に伴う給排水設備の配管等の老朽化が原因の水漏れによる損害賠償に関する質問です。

水濡れについては、他人への損害賠償と自分の建物・家財の補償と2つあります。

階下にお住まいの方への損害賠償(自分が加害者)

mizunure.png

お住まいの専有部分(住宅所有の方)の床下にある給排水設備配管が老朽化によって、水漏れをして階下に水濡れした場合で、階下にお住まいの方に損害を与えてしまった時には損害賠償の対象になります。

(給排水設備自体の損害は補償対象外です。)

そのような事態になってしまった場合に、マンション・団地用火災保険「トータルアシスト住まいの保険」の個人賠償責任補償特約で補償されます。

また「示談交渉」は原則、東京海上日動が行いますので安心です。

上階からの水漏れによる水濡れ(自分が被害者)

上階にお住まいの床下の給排水設備の老朽化によって水漏れが起こった場合で、自分のお住まいの部屋の天井や壁のクロスが水濡れした場合の補償は「建物の保険」で補償されます。

電化製品や布団などが水濡れした場合の補償は「家財の保険」で補償されます。

上階の方の個人賠償責任保険加入状況別、あなたへの補償

【上階の方が個人賠償責任保険に加入されていない場合】

  1. 給排水管の老朽化による水漏れを起こした上階の方があなたの建物、家財の損害(時価額)を補償します。
  2. 給排水管の老朽化による水漏れを起こした上階の方にあなたの建物、家財の損害(時価額)を補償してもらえない場合は、あなたの住まいの保険(建物、家財)で支払われます。

【上階の方が個人賠償責任保険に加入されていた場合】

上階の方(給排水管の老朽化による水漏れを起こした方)の個人賠償責任保険で被害にあった部屋の天井や壁のクロス、電化製品や布団などが補償されますが、個人賠償責任保険で支払われる金額は時価額ですので、修理不能の電化製品などは同等のものを新品で購入するだけの補償が受けられません。

そこで、マンション・団地用火災保険「トータルアシスト住まいの保険」に加入していれば補償されなかった新価(再取得価額)と時価との差額が補償されますので同等のものを新品で購入することが出来ます。

保険の種類で補償される箇所が違いますので注意が必要です。建物の保険を掛けていない場合には弊社にお気軽にご相談下さい。